SNS 地域おこし協力隊 学び

エクスマセミナー始まりました ~温泉米沢八湯会主催~

更新日:

エクスマセミナーin米沢

エクスマセミナー全4回が先日からここ米沢市の8つの温泉街を中心に始まりました
なぜ温泉街で開催するかというと
主催が米沢市の温泉街の団体
温泉米沢八湯会さんだからなのです。
温泉米沢八湯会にはエクスマを学ばれている方がたくさんいらっしゃるのです。

エクスマセミナーって?エクスマって何よ?

代表的な著書に「安売りするな 価値を売れ」がある
藤村正宏さんが提唱するマーケティング理論と申しまようか・・・
エクスペリエンス・マーケティング
略してエクスマ
「体験を売れ!」ということなのです

お店が伝えたいこととお客様が知りたいことは違う

今回のセミナーのなかで実例として挙げられたものの中で
もっとも印象に残っているのがこの事例でした

下の写真をご覧ください

全く売れなかったらしい・・・
た、確かに何ものかわからないし、手が出ない。。。

そこでこんなポップを付けたらしいんです

北海道だけでしか手に入らない健康茶
 根こんぶ茶
 これを飲んでいると血液がサラサラになる、らしい・・・
 でもね、一番の特徴は 健康茶なのにおいしいんです。
 北海道産の昆布茶だから。

売り上げが5倍になったそうです。

お店側が
売る理由から
お客様が買う理由に視点を変えただけなんですよね

どんな仕事・お店においても同じことだと思うんですよね
それは私の地域おこし協力隊って仕事にも言えると思う

自分のしたい事 伝えたいことが お客様(地域の人)が求めているものと食い違っていると
それは伝わらないってこと。

それじゃぁもったいない

一度立ち止まってこの辺りは整理する必要がありそうですね。

我々も一回ミーティングだなこりゃ・・・

好きなことを発信し続けていたらそれが仕事になった男

かっちゃん
勝村大輔さん
44歳の日本一のサッカーバカ

神奈川県で美容室を営みながら
エクスマセミナーを取り入れる。

かっちゃんに最初に出会ったのは
長野県松本市のアルウィンでの手書きチラシセミナーの時・・・

かっちゃんは
美容師の仕事に大好きなサッカーを組み合わせたら
お店にサッカー好きの人が集まるようになって
サッカー好きのお客さんを集めてフットサルの大会なんかもやっちゃうようになった。

SNSでも大好きなサッカーのことを発信し続けたら
いつの間にかサッカージャーナリストになってしまった。

そんな人です

好きなことを発信して
その発信の中でお客様やSNSでいえばフォロワーさんとの関係性を育んでいく中で
お店が、自身が、ドンドンと個性的になってきた

そんなお話を時には爆笑も交えながら
私たちに伝えて下さいました。

でも大事なことはテクニカルなことではない

藤村先生のエクスマセミナーで感じたことは
そうやったら売り上げが上がるか?ってところにはあんまりフォーカスしていませんでした。
そしてSNSの発信に関しても
こんな風に投稿したらいいとかいったテクニカルなことはほとんどお話になりませんでした

真理的なことが多かったです。

人として・・・
店主として・・・
どう在るべきかという在り方をとても大事なんだなってことに気づかされます。

楽しく投稿していればそんな人が集まってくる
誰かのためにって意識して投稿していれば、誰かのためにって生きている人が集まってくる
(逆もまた真なりですね)

SNSは今や日常生活におけるインフラになりました

そんなSNSの中でどう振る舞うか

SNSでの振る舞いが自分自身でありあなた自身ですよね。

たった一度の人生
あなただけの人生をありのままに楽しく発信していけばきっとそこにファンが生まれてくるはずです。

The following two tabs change content below.

手塚 貴之

地域おこし協力隊として2018年5月に米沢市に移住 ありきたりの協力隊じゃつまらない。 大好きな米沢市でアツく愛と義を生きる。

-SNS, 地域おこし協力隊, 学び
-

Copyright© 上杉の城下町米沢市地域おこし協力隊てっちゃんのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.