地域おこし協力隊 米沢市のこと

米沢上杉まつりの武てい式がすごい

投稿日:

米沢上杉まつりの武てい式がすごい

米沢市に来ると色々なコトが自分の予想を覆されます

例えばイベントやお祭り
移住してきてまだ間もないので
「まぁまぁこんなもんだろうなぁ」なんて思ていると
かなりのクオリティーや熱気、本気度にびっくりさせられることが多くあります

そんな中でも自分がここ米沢市に移住してきて
初めて見せていただいた
米沢上杉まつりは正にそんな感じでした。

米沢上杉まつりと武てい式って?

毎年4/29~5/3にかけて
米沢市の上杉神社を中心に開催されるお祭り
4/29は上杉謙信公の命日とも言われています
武てい式は5/2に行われ
5/3には上杉軍団が市内を盛大に行進し
同日フィナーレでは松川河川敷にて「川中島の合戦」が再現されます

武てい式ってなに?

武てい式とは
出陣の際に必勝を神仏に祈願する儀式です
上杉謙信公は70回以上出しており
その都度、この武てい式を行ったと言われています

上杉っていうと新潟というイメージが強いと思いますが
豊臣秀吉の時代に会津と米沢130万石に移封されます
そして関ヶ原の合戦以降
米沢30万石まで減封されます

上杉は最後に米沢の地に辿り着くわけです
それ以前に米沢にいたのは伊達家
あの伊達政宗が生まれたのも米沢市のある置賜地区なんです。

上杉謙信の強さはあの織田信長も恐れていたみたいで
信長は謙信に「どうか攻めて来ないでください」と言って貢物をしていたとも言われていますね

上杉家廟所までの軍団行列

武てい式の前に
上杉軍団は上杉家廟所に向かいます
上杉家廟所は上杉家代々の当主が眠っている墓所です

上杉家の軍旗

おなじく

中には珍しいものも・・・

かぶ?とカマキリ?

武将はおもてなしも凄かったりする

武てい式の合間に武将が
記念撮影に応じてくれたり
シャッター押してくれたりもしていました

何時から本番が始まって
明日は川中島の合戦もやりますよ~なんて観光案内もしたりしていましたね

実は参加した川中島の合戦

実は私も参加させて頂きましたぁ~
(雑兵ですけど・・・)
来年の上杉まつりの川中島の合戦では出世できるかな(´・ω・`)

まつりやイベントに対するこの本気度の理由はいったいなんだろうか

一番の理由はこの土地には歴史上の偉人が何人かいるということ
住んでみて、いろんな人たちとお話をさせていただく中で感じていることは
米沢市の人たちのアイデンティティはきっと上杉なんじゃないかってこと
中でも上杉鷹山公の教えは脈々と現在に伝えられているんじゃないかって。

こういった地元への愛着の深さやこだわりなんかは
偉人が居たのか居ないのかでかなり違ってくるんじゃないかなって思います。

そしてそれをしっかりと受け継いでいるのが
ここ米沢市なんじゃないでしょうか。

The following two tabs change content below.

手塚 貴之

地域おこし協力隊として2018年5月に米沢市に移住 ありきたりの協力隊じゃつまらない。 大好きな米沢市でアツく愛と義を生きる。

-地域おこし協力隊, 米沢市のこと
-

Copyright© 上杉の城下町米沢市地域おこし協力隊てっちゃんのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.