米沢市のこと

台風の季節だけど ここ米沢市で注意すべき災害ってなに?

投稿日:

台風17号が発生しましたね
今年は台風もそうですが梅雨末期の大雨で
西日本を中心に大きな被害が出てしまいました。

自然災害はいつ誰の身に起こってもおかしくないものです。

自然の力を前に人間は無力です。

いつ自然災害が起きてもいいように
日ごろから気にかけていたいものですね。

米沢市に住む上で気を付けておいた方がいい災害とは

幸い今のところ日本に影響を及ぼす台風はなさそうですね。

奥羽山脈と内陸という特徴から水害はあまりおきない

ここ米沢市は内陸で山々に囲まれた盆地です。
ですから台風も勢力を弱めて接近しますし
太平洋側の台風は米沢の東側の奥羽山脈がブロックとなって
米沢にはあまり大雨は降らせませんし
たとえ大雨が降ったとしても
最上川源流に位置しているため米沢市に水害はあまりおきません。

水害は少ないとはいっても
山々に囲まれていますから
山間部では土砂災害に注意した方が良さそうです

◎大雨の米沢市では土砂災害に注意

米沢が豪雪の理由

山々に囲まれた盆地であるということは述べましたが
同じく私の地元長野県安曇野も山々に囲まれた盆地

ただし決定的に雪の量が半端なく違います
安曇野はほとんど雪が降らないのに対し
米沢は日本でも指折りの豪雪地帯です。

その決定的な違いは

西側に高い山がある安曇野
西側に高い山がない米沢

なんです。

シベリア方面から吹き込む冬の季節風が日本に雪をもたらすのですが
長野県安曇野は西側の北アルプスが壁となりブロックします。
ほとんどの雪を北アルプスの東側富山県や石川県に降らせ
安曇野の冬は乾いた空気の晴天の日が多いです。

先ほど述べた
米沢が太平洋を進む台風の影響をあまり受けない理由と同じです。

米沢の西側にもう少し高い山脈があれば・・・
ここまでの豪雪地帯にはならなかったでしょう。

長野県はそのほとんどを2000m超級の山脈に囲まれていますから
台風の影響はあまり受けませんし、水害もあまりない。ただし土砂災害は注意と
米沢と似ています。

台風の時の長野県は最強です

◎米沢は豪雪地帯で雪害に注意が必要だが、米沢の人たちは大雪に慣れちゃってる感が強い

まだ米沢の冬&大雪を体験していない私です。
大雪の被害者にならないようしっかり情報収集したいと思います。
備えあれば憂いないです!

では地震はどうなのか

地震調査研究推進本部のHPを見る限り
大きな地震が切迫していることはなさそうです
地震調査研究推進本部 ~長井盆地西縁断層帯~

東北地方の中でも内陸に位置し
自然災害の比較的少ない米沢市は
米沢市で起きる災害の準備もそうですが
東北で災害が起きた時の避難地域として多くの人が流入してくる事を想定した方が良さそうですね。

実際に3.11の東日本大震災の時もそうだったみたいです。

まとめ

山々に囲まれた盆地で自然災害が比較的少ない米沢市は
もちろん災害に対する準備は必要ですが
併せて他地域で災害が起きた時の避難してくる人たちへの対策というものが必要ということがわかりました。

The following two tabs change content below.

手塚 貴之

地域おこし協力隊として2018年5月に米沢市に移住 ありきたりの協力隊じゃつまらない。 大好きな米沢市でアツく愛と義を生きる。

-米沢市のこと
-, , ,

Copyright© 上杉の城下町米沢市地域おこし協力隊てっちゃんのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.