学び

日本最後の鷹匠に学ぶ「偶然」とは

投稿日:

日本最後の鷹匠 松原さんに会いました

本当に偶然なのですが
日本最後の鷹匠松原さんに会える機会を頂きました。

鷹匠とは鷹を使って狩りをする人のこと。
鷹使い?
お城とかのイベントなどで見かける機会はあると思いますが
この松原さんは「純粋に」鷹匠として生活をしている日本で唯一の人なのです

だから日本最後の鷹匠

刺激的なお話

鷹匠として生計を立てることは並大抵のことではないそうです。
年収25万円くらいで鷹匠をしない時期は農作業や工事現場などで働いていると。

何人も弟子入りを志願してくる人がいるけど、そういった現状を話すと二度と連絡が来なくなるそうです。

そして
鷹は肉食です。
生肉を買ったりはしないそうです。
たぶん買えない・・・。

道に獣が轢かれたりしているとそれを拾ってきて鷹の餌にしている。

これ以上はご想像にお任せします

日本最後の鷹匠松原さんの考える「偶然」とは

獣の亡骸を見つけたり、山歩きの最中に熊に遭遇したり
色々な偶然ってあるけれど、それは「偶然」ではない。
欲しいとか会いたいとか思っているからそんな偶然に出くわすんだ。

想いがなければその「偶然」にすら出会えない

とても印象的な言葉でした。

もしかしたら鷹匠松原さんの中の「偶然」は「必然」なのかもしれませんね。

旅ならるるぶトラベル

The following two tabs change content below.

手塚 貴之

地域おこし協力隊として2018年5月に米沢市に移住 ありきたりの協力隊じゃつまらない。 大好きな米沢市でアツく愛と義を生きる。

-学び
-,

Copyright© 上杉の城下町米沢市地域おこし協力隊てっちゃんのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.