地域おこし協力隊

地域おこし協力隊に必要なもの 『ないものねだりよりも、あるもの磨き』

投稿日:

地域おこし協力隊に読んでほしい あなたの活動はないものねだり?あるもの磨き?

全国の地域おこし協力隊の皆さん、こんにちは~!
今日も元気に地域の為に汗かき知恵だししていることと思います。
共に頑張っていきましょうね!

今日の記事は
地域おこし協力隊のあなたが
『ないものねだり』のスタンスで活動しているか
『あるもの磨き』の7スタンスで活動しているか
このどちらなのかをもう一度見つめなおしてもらうと同時に
いったいどちらのスタンスの活動の方が成果が出やすいのかを考えていこうと思います。

『ないものねだりの地域活動』ってどんなもの?

地域おこしや地域活動でよくありがちなのが
この『ないものねだりの地域活動』です。

このスタンスの大きな特徴としては
他の地域(特にうまく成果を上げている地域や活動)と自分の地域を比べて
自分たちの所にもこんなものがあったらいいのに・・・
というスタート地点から地域おこしをしていくもの。

古いモノを壊して新しいモノを産み出そうというのもこの『ないものねだりの地域活動』です。

『ないものねだり』の地域活動で陥りやすい罠

なにか課題はないか?と常に地域課題を見つけようとしている地域おこし協力隊の人には注意してほしいです。
課題や問題点を見つけようとすると、その地域の悪いところばかり見えてきます

悪いところが目につくようになるとよっぽどのメンタルの持ち主でないと長続きしないと思います私は。

それにあなたの住んでいる地域って問題点ばかりなんですか?
良いところのひとつやふたつあるでしょ?ってコト。

地域課題を見つけようと問題点ばかり探していると
折角の良いところを見落としてしまうというのが最大の欠点なんです。

『あるもの磨きの地域活動』とは

前述の『ないものねだりの地域活動』とはスタンスが180°違っています。

まずはその地域の良いところ、盛り上がっている地域や活動を探します。
そしてその盛り上がりの問題点を見つけるのではなく

これも地域おこし協力隊がよく勘違いをしてしまうんだけど
盛り上がってるんだからほっとけばいいんですそんなもの!

その盛り上がりや良いところを、地域おこし協力隊としてもっと盛り上げていく、もっと良くしていく
それが『あるもの磨きの地域活動』における地域おこし協力隊の仕事になります。

そうは言っても『あるもの磨きの地域活動』で気を付けなければいけない点

盛り上がりをもっと盛り上げ、いいところをどんどん伸ばす
とはいえ、みんながイケイケドンドンではダメですよね・・・。

地域おこしに必要な3要素として
若者・馬鹿者・よそ者
が挙げられます
この3者がバランスよく地域活動に絡んでいるとそれは上手く行きます。
地域おこし協力隊の立場はどこなのか
地域から協力隊に求められている立場はどこなのかをしっかり理解しながら活動することが大切です。

必要とされている立場で、時には意見もしながら地域活動を更に盛り上げていくことが大事なのかなって思います。

地域おこし協力隊の地域活動って自分自身の人生そのものなんじゃないかなって思う

あなたは自分自身の人生をどのように送りたいですか?
自分の欠点や他人と比べて劣っているところにフォーカスしていくのか。
それとも、自分の長所やスキルにフォーカスしてそれを存分に活かしていくのか。

私は後者ですけど、みなさんはどうですか?

地域活動のスタンスってそのまま自分の人生のスタンスなんじゃないかなって思います。

それでは今日も共に頑張っていきましょう!



The following two tabs change content below.

手塚 貴之

地域おこし協力隊として2018年5月に米沢市に移住 ありきたりの協力隊じゃつまらない。 大好きな米沢市でアツく愛と義を生きる。

-地域おこし協力隊
-,

Copyright© 上杉の城下町米沢市地域おこし協力隊てっちゃんのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.