地域おこし協力隊

地域おこしは自分おこし

投稿日:

地域おこしは自分おこし

地域おこし協力隊として活動して半年が過ぎようとしています。
たくさんの人と出会い、たくさんのコト・モノに触れて
最近気づいたことがあるので書いておきます。

どんな地域おこし協力隊が成功していて
逆にどんな協力隊がうまくいっていないかというお話にも繋がるかと思います。

無いものねだりかあるもの磨きか 地域おこしにおける2つの考え方

幸いにも私が地域おこし協力隊としている山形県米沢市の地域おこしへの考え方は
無いものねだりより あるもの磨き」という考え方が基本的にある(ような気がする)んです。

あるもの磨きの地域おこしは
既にその地にあるモノやコトに再びスポットをあてて輝かせること

逆に「ないものねだりの地域おこし」って、わかりやすく言うと
新しい特産品を作ろう!とかB級グルメを開発しようとか
決して悪いことではないんだけど、あるもの磨き流よりもお金がかかるんです。
だから「ないものねだり」の地域おこしって疲弊しちゃうことが多いんです

あるもの磨きのスタンスの地域おこしから見えたもの

地域おこしと自分磨きは似たところがあるんじゃないかって感じます。
むしろ一緒じゃないの?って。

一言で言えばコレです。
地域おこしは自分おこし



あるもの磨きの地域おこしにおいて「課題さがし」は存在しない

「地域課題の解決」ってよく言われるワードです。
なんかとっても仕事してそうな言葉ですけど
課題を解決しようとしたらまず「課題」を「見つけ」なければいけませんよね。

ないものねだりの地域おこしがよく陥る罠は
敢えて「課題を見つけようとしちゃう」ことなんです。
これ、自分磨きや子育てに於いて言うなら
欠点を克服していこうってスタンスですよね。

あるもの磨きの地域おこしは「課題さがし」がありません
地域に眠っている「良いモノ・コト」をまず探そうとします。
そしてそれをブラッシュアップしていく。

これもまた、自分磨きや子育てに例えていうなら
長所を伸ばそうというスタンスです。

※どちらが正しいかとは言いませんが、どちらかを選ぶ必要はありますよね。

地域おこしは自分おこし

自分おこしを自分磨きと置き換えてもいいかもしれません。

自分磨きへのアプローチは2つ在りますよね。
・長所(既にあるその町の良いところ)にフォーカスしてそれを磨いていくか
・短所(課題)にフォーカスしてそれを克服していくか

無いものねだりかあるもの磨きか

地域おこしも自分おこしも
私は楽しい方を選びたいと思います。

※どっちが正解かってことはないとは思います。

でも・・・
楽しいコトの方が成功しやすいですよね



このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-地域おこし協力隊
-,

Copyright© 上杉の城下町米沢市地域おこし協力隊てっちゃんのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.